メトロセクシャル

日本では少し昔まで、男性が香水をつけることは異常だととらわれる風潮がありました。
なので、男性が香水をつけることはめったにないことでしたが、最近では香水の関心が男性に高くなっています。
また、男性でも若者だけではなく、50代以上の方でも香水の関心を持っている方が多くなりました。
今後はマーケティング的にメトロセクシャルの影響と考えられますので、この傾向は加速していくことがカンタンに予想することができます。

さまざまな用語

ムエットとは香水店などに置いてある紙のことで、これに香水を吹き付けて香りを確認することができます。
メーカーによっては種類がさまざまですが、見ているだけでも面白いです。また、そのメーカーの色々な情報もわかるようになります。

アトマイザー
香水を小分けして使う便のことで、他にもスプレータイプのものやロールオンタイプのものがあります。
これらはサンプルとして男性用、女性用ともに使われています。

オードパルファンは持続率がオードトワレより高く立ちたい4時間から5時間です。

歴史について

香水の歴史は以外と大昔からあり、最近では男性用の香水もさまざまな種類があります。
紀元前1850年ごろに香水を作っていたとされる最古の工場跡地がギリシアで発掘されました。
アルコールに溶かす香水が作られるようになったのはアルコールの製造方法がイスラムからヨーロッパに伝えられてからで、それまでは油に香りを吸わせたものなどを使っていました。
それからイタリアで発展してヨーロッパ各地で広がっていきました。